×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



君とあの場所


・男女逆転は絶対にやめてください
・ネットブロードキャスト以外の利用はご一報ください
・少しでも疑問があれば利用規約を読んで、それでも分からないなら問い合わせください



<登場人物>
唄利(うたり)♂:男。鈴架のことが忘れられず、『決断』を持ってあの場所へ行く。
鈴架(すずか)♂♀:か弱い人。あの場所にいる。





!━━━≡≡≡⊂´⌒⊃゜Д゜)⊃━━━ここから本編━━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━!



唄利「よ、鈴架。久しぶり。」

鈴架「うん。久しぶりだね、唄利。」

唄利「仕事忙しくて、しばらく来れなかったからなぁ。ほら、お菓子持ってきたぞ」

鈴架「ありがとう。わざわざごめんね。」

唄利「はぁ。あれから5年も経ったとか、信じられないな。」

鈴架「そうだね。もう、そんなに経つんだね。」

唄利「覚えてるか?お前と俺が初めて会った時のこと」

鈴架「もちろん。木に登ってお昼寝してたら、鳥の鳴き声にビックリして落ちちゃって・・・」

唄利「あんときはびびったなぁ。いきなり人が降ってくるなんて、どこのアニメだって。」

鈴架「でも、唄利が受け止めてくれたから、怪我しなくて済んだんだよ?」

唄利「ホント、今思えば、お前が無事でよかったよ。」

鈴架「唄利のおかげだよ。」

唄利「あ、そういえばお前、海に行っても絶対水着にはならなかったよな」

鈴架「だ、だって・・・人もいっぱいいるし・・・素肌晒すの、恥ずかしいし・・・」

唄利「んで、俺が友達に頼んで買った水着渡して、ようやく着て見せてくれたよな。」

鈴架「あ、あれ、本当に恥ずかしかったんだからね・・・!?」

唄利「部屋ん中だったけど、俺がちょっと触れたらすぐ逃げて。まぁ捕まえてたけど。」

鈴架「唄利って、そういうとこ意地悪だったよね」

唄利「鈴架、いっつも素肌は見せてくれなかったから、堪能しておきたくてさ。アハハッ!」

鈴架「もう、本当に恥ずかしかったんだからね・・・!」

唄利「・・・鈴架ぁ」

鈴架「何?」

唄利「・・・・・俺、そろそろ疲れちゃったんだ。」

鈴架「どうしたの?何か嫌なことでもあったの?」

唄利「金に困ってるわけじゃない。
   仕事が行き詰ってる感じもしない。
   お前がいなくて生きてるのが辛いってのはちょっとはあるけど、
   なんつーか・・・ボロボロなんだよ。」

鈴架「唄利・・・?」

唄利「両親の勝手で無理やりお見合いさせられて、
   結婚を前提とした付き合いさせられて、
   好きでもない女と結婚させられそうになってんの。
   ホントありえねぇって。」

鈴架「・・・唄利は、そういうの嫌いだよね。」

唄利「俺は親孝行のつもりで、
   できるかぎり親に従ってきた面もあるっちゃあるけど、
   恋愛まで強制されるつもりはない。
   俺は鈴架が好きだ。
   今までも、これからも。」

鈴架「唄利・・・」

唄利「だから・・・・この気持ちだけは、譲りたくないんだ。お前を忘れたくない。」

鈴架「・・・・・。」

唄利「親には散々抗議したけど、結局ダメだった。」

鈴架「頑張ったんだね。」

唄利「粘ってみたけど・・・・明日、結婚式なんだ。」

鈴架「・・・そっか。」

唄利「ここにも来るなって言われた。たぶん、ここに来ようとしても、止められる。」

鈴架「じゃあ、もう、お別れなんだね。」

唄利「俺は、そんなの嫌だ」

鈴架「え?」

唄利「鈴架・・・俺はもう、お前を失うのは嫌なんだ。ここに、いさせてくれよ・・・・」

鈴架「・・・本当に、それでいいの?」

唄利「もう、疲れたんだ。今まで、頑張ってきたんだ。だから・・・頼む・・・・」

鈴架「・・・・・うん、いいよ。一緒にいよう、唄利。」

唄利「・・・きっと、お前なら許してくれるよな、鈴架。」

鈴架「うん。」

唄利「んじゃ、すぐ、そっち逝くから。」


そして1つ、銃声が響いた。



The End.





〜言い訳をせずに終われるものか!!!〜
どうも、犯人です。
完全なる突発思いつきです、はい。
n番煎じかもしれないとか思ってみたりみなかったり←
なんでだろう、アホなぐらいサクサク進んだ・・・・gkbr(((゜ω゜;)))
あ、最後の一行は、読んでも読まなくてもおkです、雰囲気でおk。
まぁ、頑張ればBLにしても問題ないので、よければどうぞ。
		






   
 台本まとめに戻る     TOPに戻る


PAGE TOP